音楽とF-1(エフワン)をこよなく愛するぶちょうのブログです。お暇なら読んでね


by t_oohara_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

札幌・夏の陣

昨日、研究室であるイベントが発生しました。
7月生まれの人が4人もいたんです。
何を隠そう、僕もその一人。
うれしいことに祝って頂くことに。
しかし、このときはまだ本当の恐怖を知らなかった…

あるイベントとは何か?
みなさん気になる所でしょう。
まずはこのサイトを御覧下さい。mactower.org
このサイトを作成している先輩による企画・実行でした。
なんと、誕生日を迎える人達の年齢の合計値だけマクドナルドを買って食べるというのが全容だったのです!

ちょっと冷静にどれぐらいの数を頼むことになるのかを計算…。
24+24+22+23=93
え?
93?
ま・じ・で!
本気ですか?

まぁ、4人だけで93個なんて食べられる訳がないんで14人で出陣。
どうやら誕生日である4人は10個、それ以外の方は5個という戦略のようです。
いざ、札幌駅に隣接するヨドバシカメラ・札幌店にあるマクドナルドへ討ち入り!

店内に到着して、まずはテーブルの確保!
14人の席を確保するのに、他の客をどけてしまう勢いでセッティング完了!
そうすると、マックで初めて店員さんがメニューをテーブルに持って来ちゃったりしてビックリ。しかし、この店員は恩を仇で返されるのをまだ知らないのでした。
c0032250_22535729.jpg


ほぼ頼む物は決まっているが、店員さんの行為に感動し、とりあえずメニューを確認。飲物だけは自由に決められたので、それぞれの希望をとることに。
そこでマック10段の師範代の資格を持つのではないかという噂もある諸先輩方はメニューにはないジャンボサイズの飲物を注文。
Lサイズよりでかいってすごいっす!
c0032250_21332261.jpg

そんな中、僕は不覚にもオレンジジュースのLサイズを注文。
最後に発覚したのだが、オレンジジュースは一番カロリーが高かった。完全に失敗。自分で自分を追い込んでみたりして、かなりハイスキルな事をしてしまった。

一通り、ジュースも決まったので、注文という店員との一騎打ちへと突入!
まずは軽く牽制の意味も込めて、ジュースからオーダー…。
そしてついに言ってしまったのです。「ハンバーガー93個」
意外にも店員は同様を見せなかった。こやつ、なかなかの強者だなと関心していたのだが問題発生。
どうやらマックのレジでは40個以上のオーダーは打てない模様。
この馬鹿丸出し集団にはアルバイトでの対応は無理と判断した店長と言う肩書を持つ大将首が登場!
次々と僕らのオーダーを斬って行くのでした。
まさに鬼人のような働きっぷり。織田信長の再来かと思ったくらいです。
恥ずかしさとの戦いを終えた先輩の顔にはどこかすがすがしさを感じずにはいられませんでした。
c0032250_2136886.jpg


さあ、最初の難関・オーダーは終えたので出て来るのを待つことに。
徐々に目の前が敵だらけなるに恐怖を覚えました。若干の武者震いってやつを感じたのを覚えています。(ウソw)
そして、全てが揃う頃には全員が戦地に赴く、凛々しい顔付きに……なってねぇってw
全部揃ったのを見ると食糧って感じがしないのは気のせいかな?
c0032250_21393227.jpg


ひとまず、それぞれの年齢をハンバーガーで描いてみることに。
c0032250_21412690.jpg


さあ、いよいよ一騎打ちにまいりますぞ!
1個、2個と食べて行く私。
5個ぐらいまでは順調。しかし、徐々にパンが喉をすんなり通ってくれないという事実に直面。戦意喪失かともおもわれましたが、他の方々の頑張りに引っ張られる形で食べていく。しかし、やはり徐々に壁が近付いてくるのでした。
この壁は近付けば、近付く程大きくなり、そして僕らを責めたてる。
c0032250_2143182.jpg

そこは男・ぶちょうの真骨頂。
まさに自分との戦いとなりましたが、見事壁を突破しました!
c0032250_21451829.jpg

これで僕にも自信がついたかな?

諸先輩方も同期も後輩も良い戦いっぷりでした。
僕の両隣の先輩達はポテトのオマケつきでしたよ。脱帽です。

僕らが戦っている最中にまたもや店長がこちらに攻撃をしかけてきました。
「何かの罰ゲームですか?」
ってオイ。
自分の店の商品を罰ゲームとは店長さすがでございます!
敏腕店長はすごいね!自分の店を罰ゲームと賞するあたりが他人には真似できない。敵ながらアッパレ!
そんな店長ですが、さすがに罰ゲームのままにしておくわけにはいかないので「誕生日なんです」と答えてみると、最後の方に無料御優待券をプレゼントされました!
さすが店長。こんだけ喰ってもまだ喰えとおっしゃるのか!
この敵の会心の一撃に僕はやられました。

なんだかんだ言って全部食べちゃったw
93個全部なくなりました。
しかし、代償は大きかった。
研究室に戻るものの、全員やるきが出ず。すごい眠気に襲われる始末。迷わず帰ったのは言うまでもありません。
マックは満腹感だけでなく眠気までさそってくるんだからすごいよね。
そりゃ太るっすよ。

札幌・夏の陣、なかなかの戦でしたな。
次の戦がいつ開催されてしまうのかにおびえながら生活していくぶちょうでしたw
[PR]
by t_oohara_t | 2005-07-14 12:47 | Life