音楽とF-1(エフワン)をこよなく愛するぶちょうのブログです。お暇なら読んでね


by t_oohara_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

グッバイレーニンとネバーランド見ました

忙しい中、どうにかDVD見ました。

グッバイレーニンとネバーランドですが、どちらも注目していたものでしてね。

ネバーランドはジョニー・デップ出演のアカデミー賞にも選ばれた作品。
残念ながらジョニー・デップは主演男優賞を取れなかったけれども、その演技に高い評価が与えられたことで見たかったのです。

見た結果、僕は好きっす!
ちょっと想像したものとは違いましたが、やはりジョニーデップの演技力にはやられますね♪ 演技うますぎです。あと、子役がなんともいえなかったっす。トゥーブラザーズに出ていた子が出ていたのですが、この子の演技がいいんすよね。

ただ、ちょっと文句を言えば、短すぎ!
もうちょっとボリュームあっても良いと思ったのですがね。
それでも、楽しめた逸品でしたw


グッバイレーニンはドイツ映画でして、東西ドイツが分裂していた時代を取り上げた作品ですた。

これもなかなか良い作品でした。題材が面白かった!

主人公のアレックスは,東ベルリンのテレビ修理店に勤める青年.
彼の父は10年前に家族を捨てて西側に亡命.その反動で必要以上に社会主義に執着する母クリスチィアーネと暮らしていました.
ある日,反社会主義デモに参加して捕らえられたアレックスを見た母は,ショックで心臓発作を起こしてしまうのです.8ヶ月の長い眠りから奇跡的に目覚めた母だが,その間にベルリンの壁は崩壊し,ドイツは劇的に変化していたのです!

「もう一度強いショックを与えたら,命取りになる.」
医者の言葉に,東ドイツの崩壊を知った時の母のショックを思い浮かべるアレックス.
母を自宅に引き取って,東ドイツの体制がずっと続いているフリを装うのですがね…

結構いい作品だと思います。
ハリウッド映画じゃないから、やりすぎ感があまりしないし、なんともいえないのよねw暇だったら見てはどうでしょうか?
[PR]
by t_oohara_t | 2005-08-18 21:30 | Movie&TV