音楽とF-1(エフワン)をこよなく愛するぶちょうのブログです。お暇なら読んでね


by t_oohara_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ダ・ヴィンチ・コード

昨日、ダ・ヴィンチ・コードみました。
無料チケットを持ってたので。
ちなみに、映画に一人で行ったのって初めてでした。

まず、率直な感想ですが…
お金を払って見に行くほどの作品ではないと思います。
(劇場でイビキをかきながら寝ている人もいた)

原作を読んでいるからなのかもしれませんが、僕はこの映画をお薦めしません。

理由としてはストーリー展開に面白みが全くないってことかな?
原作ではキリスト教に関して丁寧に説明しつつも軽快にストーリーが進んで行く印象(シドニィ・シェルダン風)でした。しかし、映画では心地良い軽快さではなく、ただズンズンとストーリーが進んでいってしまった印象を受けました。盛り上がりが無いまま、進んでいくんです…。
これはあの本を2〜3時間の映画に押し込めたせいでしょうね。

あと、原作ではラングドン教授の心の声を結構、描写していた気がします。映画ではそれを実現できない。そこは俳優の演技から観客に想像してもらわなきゃならない。観客によっては解釈も変わっちゃうし、そうなるとストーリー自体も変わってきちゃうし…。難しいね。

原作を読んでいない人が見たらどういう反応を示すのでしょうか?
何を言っているのかさっぱりわからない映画になってしまうのでは?

ダ・ヴィンチ・コードという本のプロモーションビデオだと思えばわかりやすいかもしれません。
DVD出るまで待った方が良いと思う今日この頃です。
[PR]
by t_oohara_t | 2006-05-21 11:06 | Movie&TV