音楽とF-1(エフワン)をこよなく愛するぶちょうのブログです。お暇なら読んでね


by t_oohara_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Movie&TV( 28 )

アカデミー賞

ついにきましたね。今日はアカデミー賞発表日です!
今、調べたところ助演男優賞に「ミリオンダラー・ベイビー」のモーガン・フリーマンが受賞しました。やっぱり彼はしぶいのよね~。渋さって素敵やねw モーガン・フリーマンを見ると晩年のいかりや長介を思い出すのは僕だけかしら?

今年のアカデミー賞最大の注目といえば主演男優賞と作品賞でしょう。
主演男優賞は「アビエーター」のレオナルド・ディカプリオか「Ray」のジェイミー・フォックスのどちらかじゃないのって争いらしいですね。今まで経歴からいくとディカプリオはあまりにも賞に恵まれていないっていう同情票が入るのであればディカプリオかもね。彼は「タイタニック」のときにはノミネートされなかったし、「ギャング・オブ・ニューヨーク」の時は主演だったのに他の人が主演男優としてノミネートされちゃいましたからね^^;
ただ、僕としてはやっぱりジェイミー・フォックスだと思ってます。両方宣伝しか見ていないですが、その中でもかれの演技には脱帽って感じかな。レイ・チャールズそのものって思うこともできるぐらいですから。さらにレイ・チャールズが亡くなってしまったことも相まって彼が取るんじゃないかな?
ただ、ジョニー・デップの動向も気になりますね。単純な演技力で言ったら彼が一番じゃないかな?
まあ、僕の予想はジェイミー・フォックスです!

そんでもって作品賞は「ネバーランド」と「Ray」ってとこかな?
僕の予想は「ネバーランド」ってことで。

ついでに監督賞は「アビエーター」のマーティン・スコセッシと「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッドの一騎打ちとなるんじゃないかな?
けどクリントン・イーストウッドは一回受賞してますからマーティン・スコセッシにいきそうな気がします。
どちらも見てみたいんですよね~。僕はどんな作品でも見たい人なんですよ。アクションでもサスペンスでもホラーでも恋愛でも。どんな分野でもやっぱり良いものは良いですから。
今回、色々な賞でノミネートされた作品全てを見たいと思うんですが、時間的にも無理ですね。芸能人って上映前に見れるからうらやましいなって思わない?
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-28 11:50 | Movie&TV

映画

昨日、ターミネーター3をやってましたね。思わず見てしまいました。
僕の周辺にいる人々は一様に酷評していたのを覚えていまして、はたしてどれほどのものかとの好奇心を持ちながら見ました。
結果は評判道理の内容でしたな。あのストーリー展開はターミネーター2とほぼ変わらない。あの内容であれば作る必要はないでしょう。敵が進化したわけでもないし。変わったのは女で機械を操れるってだけじゃない。意味無し。
ハリウッドって一発当てるとすぐに次回作を作りたがるという典型的なパターンですね。しかも、あの終わり方を見ると次回作もやる気満々じゃないのかな?いくらハリウッド好きの日本人でもあれほどの駄作を出されると参っちゃうよ。なんとか宣伝や前作の人気で3はそこそこの興行収入を上げたみたいだけど、次はそれもないんじゃないかな?ぼくらも馬鹿じゃないから作品の出来を判断する能力はありますよ。
ただ、その判断力を鈍らせるのが宣伝だね。宣伝はその映画の良い部分を抜き出し、結末を知りたいと思わせるってのが役割だからしょうがないといえ、騙されることが多々あるのよね。けどターミネーターシリーズはもう劇場で見る必要性はないのではないか?レンタルでも借りないな、俺はね。TVで十分な内容しか出てこないでしょう。

そんなことより、シュワちゃんが気になりましたね。やはり老いには勝てないのでしょうか?なんか体がほっそりしたような印象を受けました。迫力に欠けたな。
僕としてはアーノルド・シュワルトネッガーには俳優としての演技力は無いと思っています。だって出る映画全てで、アクションしかしてないでしょう?演技部分は悪魔でも二次的な扱いをどの映画でもされてるし。僕が見てても大根だなって思うから。彼は親指を立てて「アイルビーバック」って言えばいいだけだからね。それで選挙も勝ったしね。まあ、映画史に輝かしく名前を刻んだ人であったのは確かだけど、もう時代には乗れないでしょう。ただのマッチョなら若い役者で良いんだもんね。

それに比べ、3月18日に放送する「グラディエーター」はすばらしい。昨日も以前に録画したものを見てしまったのですが。最高! 今の時代にあれだけの壮大な映画を作れるとは脱帽です。過去に「ベンハー」っていう映画があってかなり長時間にわたる映画なんですが、壮大なテーマですばらしい出来でした。グラディエーターを見たときに思わずベンハーを思い出したものです。
この映画でラッセル・クローはかなりの地位を築いたようですね。それに等しい演技だったと思います。しかし、その大役によりイメージが定着したわけではない。そこがラッセル・クローのすばらしさだと思います。
僕のなかで俳優っていうのは見る映画でそれぞれ違う顔を見せてくれるかってとこが勝負ではないかと思っております。ジョニー・デップなんかは顔の形すら違うんじゃないかって思いますからね。引き出しの多さ、これが名優の条件でしょう。
確かに、一つのはまり役ってのも必要ですが、その役の後は全てがその役に見えてしまう。シュワちゃんがそうですし、レオナルド・ディカプリオもそうでしょう。ディカプリオは自分でもタイタニックに出たのは失敗だったと言ってますし。その役のイメージを取り去るほどの能力がなかったと僕は思っていますが・・・。

これはあくまでも僕の意見ですから、そうではないでしょって言う人もいるでしょう。気分を害されたのであれば、素直にあやまりますので許してね。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-26 13:55 | Movie&TV

文春きいちご賞

こんなもの日本にもあったんですね。
「文春きいちご賞」これは駄作映画に贈られる賞だそうです。
アメリカではアカデミー賞の時期が近づくとよくやってまして、有名ですよね。
ラジー賞の最悪主演男優賞に「華氏911」でおなじみのブッシュ大統領がノミネート。
まさかの展開だね~♪ 
ジェニファー・ロペスも毎回のノミネートおめでとう!!

「きいちご賞」で、第2位は「CASSHERN」。これは宇多田のプロモーションか?っていうコメントが多かったみたいです。いくら旦那さんが作ったとはいえ、やりすぎか?
さあ、注目の第1位は「デビルマン」。とにかく出演している人の演技がへたくそだったらしい。イヤー、みんな厳しいね~。世論ほど怖いものはないよ><
「ハウルの動く城」も結構、批判されたみたいね。

デビルマンはなんとなく予想してたけど、まさかハウルまでね~^^;
やっぱりエンターテイメントって難しい。
他人に何かを伝えることの難しさ・・・・。今、卒論を書いているのですが、その難しさを痛感させられます。全てを書けば良いわけでもないしね。全国の卒論を書いている人たちも苦労していることでしょう。

僕が今まで見た映画のなかでワーストを発表しますか。
第3位「マトリックス レボリューションズ」
第2位「ノイズ」
第1位「スターウォーズ エピソード2」
こんな感じかな?
マトリックスはなんで3部作にしたのってぐらい、続けば続くほどしょぼくなった気がしますよ。最初はよかったのにな~。
ノイズは映画館で見んですが無駄だったね。なんかやりつくされたネタだったし。
スターウォーズは好きなのにエピソード2はひどかった。マスター・ヨーダの戦いっぷりは凄かったけど、それ以外はね~^^;
今、覚えている中でのワーストはこんな感じ。なんか忘れてる物もありそうだけど・・・。

みなさんはどんな映画が面白くなかったですか?
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-28 16:21 | Movie&TV

オーシャンズ11

昨日はやらなければいけないことを中途半端に終わらせ、映画「オーシャンズ11」を見ていました。この映画のキャスティングってすごいな~。あれだけの豪華な面子をそろえるとそれ相応の費用がかかったのかと思えばそれほどでもなかったらしいです。具体的な金額はわかりません、ごめんなさい。

見た感想としては、素直に楽しめるものだという感じでした。あまり深く考えないで見ないほうがいいかもしれません。イメージとしてはルパン三世みたいな印象を受けました。ブラットピットが次元大介でジュリア・ロバーツが峰不二子じゃないかな^^
テレビ局としては続編「オーシャンズ12」が1/22から上映ってことをねらったものでしょう。見たらやっぱり続編もみたくなるもんね。僕もちょっと気になってます。

ハリウッド映画って制作費の掛け方が桁違いですよね。「オーシャンズ12」なんて1億1千万$らしいです。やはり英語でやるし、それだけマーケットが広いってことなのでしょう。日本映画は様々な場所で評価はされるもののなかなかその地位が上がらない気がします。ハリウッド映画って大体同じ内容が多いし、お金を掛ければいいってもんじゃないのにな~。最近、リメイクが多くなってきたのは、ちょっと行き詰ってきたからなのかな?
宣伝で映画「オペラ座の怪人」をやってまして、ちょっと気になっております。ただこれもミュージカルの名作であり、今まで何回か映像化されていたので「またか・・・><」って気もしますね。

最近、ピクサーアニメが大人気ですがどれもやはりアメリカっぽいなと思いませんか?
主人公は怪物・ヒーロー・動物のどれかですし、結末は必ずハッピーエンド。CG技術がいくら進んでもストーリが一緒じゃどうしようもないね。CG技術を取り上げた特集をたまーにやっているのですが、人体構造学や運動生理学などを駆使してるみたいです。筋肉のつき方から、その筋肉に皮膚を付けていったり・・・、すごいの一言!
しかし日本のアニメには遠く及ばないと思います。ただ近日の日本アニメ界はピンチです!
ここ数年間、高い技術を持ったアニメーターさんのラインナップが代わっていないようです。
これはなぜかというと、若い人材が育っていないってことです。今、アニメ制作費は非常に少なく、韓国・中国など日本よりも賃金の安い国に仕事を委託しているとこがほとんどらしいのです。
これはおかしい!!!!
アニメは日本が世界で誇れるジャンルなのに何を考えているのか!
ジブリの宮崎駿さん・攻殻機動隊の士郎正宗さん・大友克洋さん、などの世界で活躍する人たちがなげいていることでしょう。これはテレビ局などのメディアがもっと積極的に取り上げてほしいと思います。
日本アニメ界は永遠に不滅です!!!!

昨日、本ページの上部にカウンター・アクセス解析を設置いたしました。
椎名林檎ファンですので当然、林檎です^^
これからも様々な機能を増やしていくつもりです。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-16 17:30 | Movie&TV

タモリ倶楽部

タモリ倶楽部・・・
それはくだらなさの真骨頂!
しかし、オイラは大好き。

北海道なので東京での放送とタイムラグがありますが、昨日もおもろかった。
昨日はなぎら健一さんが出ていて、かなりツボでした。
なぎらさんがでるタモリ倶楽部はたいてい面白い。
今回は「ビー球遊び」がメインテーマでして、様々なゲームをやっておりました。
妙になぎらさんはうまいのよね~。
そして、はりきりすぎて順番を間違えてペナルティーをもらっちゃうぐらいでした^^

なぎらさんの魅力といえば、その口から発せられる嘘というか真実を捻じ曲げ誇張したというか、なんとも言えないしゃべりがナイスです。
以前に同番組でアウトドア体験でバームクーヘンを作る企画があったのですが、最高でした。くだらなさ全開!なぎら最高!!ビバなぎら!!!
そういえばなぎらさんってミュージシャンでしたっけ?
どんな歌を作っておられるのでしょうか?歌もくだらないのでしょうか?
き・気になる
最近、気になることばかりで夜も寝られません。(←ウソ)

タモリさんの趣味ってなんであんなに広く、そして深いのでしょうか?
鉄道についてはマニア度MAXですよね。正確に言うとタモさんは鉄道マニアの中でもレールマニアだそうです。他にも地図マニアだったりしてすごいっすね。
毎日テレビにでてるのに、どこで勉強してるんでしょう?
タモさんが大学の講義をしたらかなりおもしろそう!
実際にそんなオファーはタモリさんにきているのでしょうか?
これもき・木になる(←気になりすぎて間違ったw)

ある大学ではどんな人の講義を聴いてみたいかなんてアンケートを取って、実際にやってるとこもあるみたい。
タモさん以外では、タケシさんもいいな~。所さんもいい感じ。
こんな片田舎の大学には来てくれる訳ないな~。

高校時代に数学者の秋山先生のお話を聞かせてもらう機会がありましたが、やはりおもしろかった。話に引き込まれたって体験でした。
やっぱり第一線で活躍するお方の話はすばらしいよね。
以外に内容はくだらなくても、なんかありがたい気がしちゃうもんね。

くだらなさという一見不必要なものに面白さを見出せることが人間と他の動物との違いであり、人間の個体数がここまで増加した一つの原因でもあるような気がします。
今やってる研究も興味無い人にとってはくだらない、無用の長物であるかもしれませんが、それが積み重なることで様々なものが成り立つはずですよね。

そんなこんなでくだらないことにもっと目を向けて行くことも必要なんじゃないかな?
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-15 17:22 | Movie&TV

大泉洋

「大泉洋」彼は北海道にキラ星のように輝くタレントになりつつある。
北海道人ならばいわずと知れた人であるが、最近は全国のテレ朝系列で「水曜どうでしょう」が
放送されているらしく、DVDの売り上げなんてとんでもない枚数が出荷されている。
そのローカル番組の主役こそ「大泉洋」なのである。

はたしてなぜそんなにうけているのか?
他の番組では考えられないような低予算っぽい展開と、出演陣2人、スタッフ陣2人が基本であり、
おどろくほどくだらない。スタッフ陣がしゃべりまくってのも不思議。
基本的に大泉さんが騙されていろんな場所に旅に出て、ケンカをしたり、嘘をついたりする。
今考えるとそれだけなんだけど妙におもしろい。

この番組が北海道で人気となり大泉さんの名声は上がっていった気がする。
そしていくつかのバラエティ番組に北海道で出ているが、僕はどうもしっくりこない。
やっぱり水曜どうでしょうのように面白さを見出せない。
なぜだろう?と考え、今のところ行き着いた答えはスタッフ陣の藤村氏がおもしろいのではないだろうか?
藤村氏が大泉君を馬鹿にし、それにたいして大泉が怒ったり、
あまりにも無謀な企画にたいして愚痴をこぼしている大泉君、これが面白いのであって、
大泉君の魅力でもあるのかもしれない。

そんな彼が全国ネットに出始めたのが、パパパパパフィーである。
この番組での大泉さんの扱いはひどいものであったけどもそれが妙に面白かった。
もしかして大泉さんはイジメられてこそ魅力が出てくるのでは?

その後、なぜかジブリ作品「千と千尋の神隠し」に声優として出ていた。
「茄子/アンダルシアの夏」に声優として主演。
さらにスターダストレビューと一緒に歌を出し、Mステに出ちゃったり、うたばんで
貴さんにイジメられたり、着々と全国に進出しております。
ついにはあの「救命病棟24時」に出演しちゃうんだからすごいったらありゃしない。
まったくビックリするよ。
初回を見てしまったんですが北海道での視聴率は28%ぐらいまでいったらしい。
ビバオオイズミ
彼の演技はなんか笑っちゃう。役どころもいい感じの3枚目で、シリアスなシーンには
まったくでてこなかったことも笑っちゃう。
北海道人はみんな、親鳥の心境で北海道を巣立ち、全国ネットでがんばる大泉さんを
見守ってるんでしょうね。僕もその一人です。
いつまでもキラ星のように輝いていてください。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-13 16:32 | Movie&TV

眠たい・・・><

正月休みも終わり、そろそろきちっとした生活に戻らなければならないんですけど、
一度崩れてしまったリズムを取り戻すのには時間がかかるな~。
とりあえず、やらなきゃいけないことはあるんですが一時休止して更新してます。

昨日、録画してあった映画「壬生義士伝」を見たました。
いや~映画ってほんとイイですね。この映画は新撰組のお話なのですが、
司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」を最近読んだのでさらに話に没頭できました。
やはり幕末の動乱期はオモシロイ。日本人としてもっとこの時期の話を知りたくなりました。
あの時代に生きた人々(男女問わず)は心に一つの信じるものを持っていたのかな~?
それって素敵やなーって思います。
映画を見ながら一人で号泣してました(T_T)
こういう良い映画を見るとその原作を読みたくなるのは僕だけでしょうか?
確かに映像で与えられるとわかりやすいしけども、やはり活字として読むとまた別の見方が
浮かんでくるようで僕は好きです。
ただ、先に原作を読んでから映像化されたものを見ると、自分の想像と違ってしまう気がします。
映画「ハリーポッター」はそう感じました。だから原作を読んでしまったら映画を見ないほうが
多いかな?(中には例外もありますが・・・)

そういえば最近、本読んでないな・・・。忙しくてね~、読めないのよね~。
久々に図書館にでも行って何か借りようかな?
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-07 16:27 | Movie&TV

TVっ子

今日も一様、やることを終えてリラックスしながらテレビを見ております
映画は僕の趣味の一つですが、Taxiは好きな映画です。なんといっても、エミリアンがナイスキャラ!!!
あのボケっぷりはみごとです。署長もかなりのナイスキャラ!!
3シリーズともにイイっすね~
ハリウッドでリメイクするみたいですけど、どうなのでしょう?
僕としては、オリジナルに思い入れが強いだけに・・・・><
特にタクシードライバーが女性というのがどうも納得いかないような・・・
まあ、見てみたらわかるかな?

映画もさることながら、ドラマ「離婚弁護士」もなかなかすてがたい!
天海祐希の演技も良いし、佐々木蔵之助、津川雅彦など脇を固める役者さんもすばらしい。
ただ、連続ドラマのころに出演していた「ミムラ」さんが出演していないことが残念
その代わりが井上和香っていうのもどうかと・・・
ただ、ドラマとしては以前のような軽快なストーリー展開やコメディ感覚を保ちながら難しいテーマを
進めていくすばらしさは健在だと思いながら見てまっす。
そんなわけで今日はこの辺で、ドラマに集中しよっと
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-06 22:00 | Movie&TV