音楽とF-1(エフワン)をこよなく愛するぶちょうのブログです。お暇なら読んでね


by t_oohara_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Study( 50 )

やばい><

H大学の入学式を5日に控え、やることが異常にたまってしまっております。
それなのにゲームしてたりしてw 
そろそろ本気になります!
本気になったらオ○○ラw
[PR]
by t_oohara_t | 2005-04-03 17:03 | Study

いよいよ

昨日、H大学へいってきました。そろそろ行かなきゃいけないなと思っていたっていうのが理由だったのですが、どうやらタイミングが悪かったらしい。
行ってみたものの、卒業して就職する先輩方の机の整理や席替えなどをしていたので、僕が行ったところで邪魔なだけでした^^; だから来週までは家でプログラムを作成していこうと思います。
H大学にいくといつも緊張してしまってダメですねw小心者なんでw
これからはbigな大人になっていけたらいいな。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-03-29 17:58 | Study

やっぱり緊張

今日、H大学に行ってきました。早くもやる気満々ムードでしたよ。

自分がどれだけの結果を残せるか?
負けないぜ!!!
[PR]
by t_oohara_t | 2005-03-08 19:15 | Study

明日っていうか今日?

今日の午後に4月からお世話になります、研究室に訪問することとなってます。
これで3回目なのですが、やはり緊張を隠せません。

僕は4年間通った大学をはなれ、他の大学の大学院に進学することにしました。これは今までの大学が気に入らなかったというわけではありません。色々な指導をしていただいたM教授には本当に感謝しています。進学に関しても様々な助言をいただいたからこそ合格できたと思っています。そして、M教授の研究室での1年間は充実しており、研究分野にもかなりの興味を持っていたので、たのしく行えたなと思っております。
しかし、やはりM大学は様々な面でハンデを負っているのではないかと思います。教育の分野ではこのようなことがあってはならないのですが、実際にあるので、しょうがないと思っています。情報はパソコンがあれば全てができてしまう分野なのになぜ格差ができてしまうのか?
それは一人一人のモチベーションに他ならないと考えています。学部4年間で感じたことはゆったりしてるなってことですかね。H大学の教授に受験勉強で一番大切なのはなにかという話をしていただいたのですが、回りに流されないことというのが一番だとのことでした。特に受験時期が違っただけに、まわりの空気はまだまだ準備には早いかなって感じでしたし。研究に対する意識も生徒はさほど力強く持っているという訳ではなく、和気藹々とした感じですね。そんな中で一人だけでやる気を出してもいつかは萎えてしまうものだと思います。

やはり、よい結果を残すためには人に囲まれ、もまれてからこそ自分では見えない欠点を見つけ出すことができるのでしょう。
そんなことを考えて、他大学を受けました。これは完全にM教授には裏切り行為にしか見えないかもしれませんね^^; しかし、僕にも考えることがあるので僕の道を選びました。M教授の下で大学院生活を送ってもかなりの良い2年間となるだろうとは思うのですが、自分が新天地でどれだけの力が発揮できるのか? または、今の段階でどれほどの力があるのかを示し、力が無ければ付けていくことができるのではないか?と考えています。

H大学の生徒さんとは1年半の遅れを保持しているのでどれだけはやくその溝を埋めるのかが鍵かと思います。ひたすらに努力の日々ですかね^^; M教授に教えていただいたことをH大学でも示すことで、M教授への感謝の意を示すことができるのではと思うので。
学会などで会う機会が多数あると思うので、そのときにどれだけの発表・結果を挙げているを見られれば良いな!!!!!!
[PR]
by t_oohara_t | 2005-03-08 01:32 | Study

終わった~~!

いや~、今日一つのビックイベントが終了いたしました。卒業論文発表ですよ。卒論はこれがメインと言っても過言でもないぐらいのプレッシャーですし、作り上げるのに苦労もしますしね。
発表自体はスムーズに進んだのですが、質問である教授が痛いところでひっかかってしまった・・・・。自分の想定していない所を質問されたので、ちょっと舞い上がってしまった模様。適切な切り替えしができませんでした。後に冷静になれば明確な回答があったのですがね・・・。来年・再来年と学会に出ることになるでしょう。さらに高度なことを聞かれるのは目に見えています。質疑応答練習に時間を割くことが必要ですね><反省材料を今後に生かしましょう!!!
みんなの発表は立派なものだったと思います。スライドも見やすかったしね。Espさんに質疑応答で非常に厳しい質問が出ていましたが、あれは指導教員のM教授でも困る質問だったのではないかな? だけど、発表が良かったからこその質問だったような気がします。

兎にも角にも残りは卒論自体を仕上げることだけに絞られました。そういえば進学先の課題もやらなくちゃね。また仕事が増えそうな予感^^;
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-18 23:30 | Study

今さら変更w

卒業論文発表を明日に控えておりますぶちょうです。
明日発表なのに、今さらプログラムをいじり、結果を取り直しているところです。一週間前にあれだけやることがないってほざいていたのにこのざまです。あほですね><
発表自体はなんとか10分ジャストでまとめられそうですが、今日中に良い結果がでるかどうかが勝負やねw

そういえば、新しいカテゴリを追加しました。それはCake。我輩・ぶちょうは無類のお菓子好きとしてちまたでは有名です。(←誰も知らないって(笑))お気に入りのお菓子を紹介していきますよ。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-17 17:20 | Study

スライド

今日は2月14日。ちまたではバレンタインデーなんていうらしいが僕には全く縁がない日です。切ない生活を送るぶちょうですw

作れば作るほどスライドって難しいな~。僕のやっている分野はどうしても数式が増えてしまい、これをどのようにスライドにすればよいのやら・・・。図を入れようにも限界がありましてね。省略しすぎるとまたわけがわからなくなるし。トレードオフですな。まあ、明日の発表練習で教授にケチョンケチョンにつぶされてきますかな。
まず、指摘されるのがスライドの枚数の多さでしょう。これをメインに突っ込まれて、次に、そんなに数式で説明されてもわからないってことも言われるだろうな。しかし他に説明法がないんですよ。考えてないだけか???

やっぱり、短く簡潔に説明することは非常に難しい。文章でもなんでもこの処理が最も技量がいるんじゃないでしょうか?いかんせん、僕にはその能力に欠けている。知っていること、学んだことは全てしゃべりたくなるんですよね。そして結局は主題が埋もれてしまい、わけがわからなくなってしまんです。どうにかしてプレゼン能力を付けたいものです。これから研究会や学会に出る機会もあるでしょう。就職すればさらに高いプレゼン能力が要求されるでしょうし。この相手にものを伝える能力は人生で必要不可欠なんでしょう。
これからも日々勉強の日々ですし、今苦労していることが必ず自分の財産になると信じてしっかりスライドと向き合いますかな。
そのために、まずは発表練習でもして、ひとまず10分ぐらいでしゃべれるようにしますかな。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-14 14:44 | Study

スライド

スライドが暫定的に完成しました。
しか~し、20枚超えてます。これを10分って無理じゃない?
卒論って41枚になったし、これをどうやって10分にまとめろと?
はっきりいって無理でしょう。
やっぱり、実質2ヶ月とはいえ、みんなそれなりの結果をだしているわけだから、しゃべることも増えるでしょ?それを10分ってね・・・
まあ、適当に縮めますか・・・
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-13 16:17 | Study

卒論

卒論を提出してしまい、残る作業は発表へ向けてのパワーポインター作りとなりました。
しかし、これが難しい。作ってみたのはいいが、これでは10分内で発表できない。無理やり10分にしても見る人はかなりのストレスを感じるでしょう。どうしたらいいものか・・・・
後2日ぐらいで仕上げないとね。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-02-12 17:45 | Study

お勉強

昨日、卒論の下書きを提出しました。
はたしてどれほど直されるでしょうか?
赤ペンで真っ赤になって返ってこないのを願うばかりです。
まあ、おそらくほとんどだめでしょうけどね^^;

今日、基本情報の受験登録しました。
実は3~4回受けて、全敗という情けない結果なのでそろそろ本気で勉強しないとな。前回、前々回共にあと5点で受かるとこだったのに落ちてしまったのです。
このテストは傾斜配点なので他の人が間違ってれば受かってたのに・・・・って卑怯な考えしか浮かばない僕はダメ人間?
絶対受からないと人生が変わるってものでもないから、なんか気合が入らないのよ。今回はちょっとやる気出しますかね。満点取るぐらいの勢いで行きますよ。

話題変更^^
大学に4年いて思うことは、卒論をするまでの3年間はいったいなんのためなんでしょう、ってことですね。確かに、ためになったことは多いのですが、最初からもっと研究を意識して学んでいたらもっと違うんでしょう。4年になるまでどんな研究をしてるのかがまったく見えてこない。これが問題だと思うのです。世界に負けず劣らずの研究をしているところもあるのに、いまいち認識されてないのですよ。
事実、僕も1・2年のころは何をやってるか知りませんでした。幸いにも興味のある分野として画像処理を選んで、意に沿う研究室にも入れましたが・・・。
大学に入ってから気がつく人もいるんじゃないでしょうか?「俺のやりたいことがここにはない」ってね。まず大学を選ぶときからすでに情報が少なすぎますね。
ほとんどの人がネームバリューしか意識しないでしょうから。大学の紹介パンフレットもあれじゃあ意味がないような・・・。どういう研究をしていて、これを売りにしていますっていう他の大学よりも秀でているとこをアピールしきれてない。確かに有名大学のほうが様々な分野で最先端のことをやっていますがそれが全てではない。
たとえば室蘭工業大学の機械システム工学科では全国でもめずらしい航空系の研究室を持っているんだからアピールしてほしい。就職率とかはよくのっていて、確かに気になることではありますが、やはり大学の目的はどんな分野においても「研究」なのです。それをアピールしないでどうするんでしょう?このままでは就職への単なる通過点でしかないような・・・・。
研究を進め、新たなものを作り出すためのツールとして色々な学問がなりたっていてそれを学び、利用することで研究は進んでいくのだと思います。そのおかげで今「ブログ」を書いていられるのですから^^

人間が生きていく上で、勉強・研究は欠かせないものでしょう。
火をおこすことを学んだことから始まり、それをさらに研究して熱機関に応用し、車を動かす。このようなプロセスは全て勉強・研究のおかげなのです。この力がなければ人間は猿にすら勝てないでしょう。だから勉強・研究は何よりも大事なことなのです。ただ、受験勉強ってのは別の話なわけで・・・・。
受験勉強=勉強ではない。受験勉強は知ってるか知らないかの知識を増やしたものであって、「これ知ってるんだよ」ってゆう自己満足ですかね?知識は多いにこしたことはないのですが、それを実社会に応用する能力がなければいけないんですよね。だから東○大学の人がすばらしいってわけでもないような。なんかひがんでるように聞こえるな~><

まあ、兎にも角にも勉強ってのを毛嫌いしないでください。小・中・高でやってる勉強は勉強じゃないですから。人間は外界から毎日いろんなことを勉強してますから。そっちが本当の勉強です。
[PR]
by t_oohara_t | 2005-01-29 14:05 | Study